• Facebook
  • Twitter
  • Instagram


What is PEEPS?

「PEEPS」とは「仲間」を意味する言葉
イベントや活動を通じてキッズから大人までが一緒に楽しみ、「仲間」になれる

初めてEVENTに出るダンサーも、コンテストやバトルで賞に入るダンサーも
共通するのは「ダンスが好きだ」ということ

ダンサーや、キッズ達の保護者にとって少しでも価値のある環境を作ること
そして一人でも多くの人にパフォーマンスを観て楽しんでもらうこと
さらにダンスの世界に次の世代がつながるようPEEPSは動き続けます


DANCE BATTLE


初めてバトルに参加から、様々なバトルで賞をとるダンサーまでが一堂に会して行うバトルイベント
Beginner部門(U-10・U-18)、OPEN部門、CREW部門の全4部門で開催。
フルトーナメント開催でオーディション予選を行わないことが特徴。
ジャッジにはキッズシーンで活躍するコレオグラファーやオーガナイザー、国内トップクラスのダンサーを招いて実施しています。

次回開催

BATTLE EVENT「B.o.P(Battle of PEEPS)」
2017年1月8日
詳細はこちら
過去の結果 Comming soon

▲Back to TOP


DANCE CONTEST


初めてコンテストに挑戦するキッズダンサー向けの部門から大人までが参加できるコンテストイベント
U-9部門・小学生部門・中学生部門・OPEN部門のチームで競う部門や、U-12ソロ部門・U-18ソロ部門などのソロで競う部門を取り揃えて開催。
また、現在活躍中のチームやダンサーをベストに招いてのショーケースも行っています。
ジャッジにはキッズシーンで活躍するコレオグラファーやオーガナイザー、国内トップクラスのダンサーを招いて実施しています。

次回開催

DANCE CONTEST EVENT「PEEPS DANCE CONTEST」
現在調整中

過去の結果 Comming soon

▲Back to TOP


OTHER


PEEPSではイベントの企画運営以外にも下記のようなことを行っています。
ご依頼等も受けていますので、詳しくはお問合せ下さい。

● PA ●

音響機材のレンタルおよびイベント時の音響支援をおこなっています。
通常ホール施設等の音響利用の場合は各施設の技術会社に依頼が必要ですが、小中規模の会場であれば音響を持込みで実施することで経費の節約が可能です。
レンタル機材
  • パワーアンプ 200w×4ch~最大1200w×2ch
  • PAスピーカー 最大8台
  • ミキサー 16ch
  • マイク 最大6本
  • CDデッキ 2台
  • イコライザー 2ch31バンド
  • 電源モジュール
  • 各種ケーブル類

※屋内500名程度規模まで
※屋外200名程度を目安。
※原則関東圏内に限ります。
※電源を2kw程度の確保をお願い致します。
※機材レンタル費用はセットで10,000円~、交通費実費
※機材持込みの可否を主催者側でご確認ください。
※その他ご不明な点はお問合せ下さい。



● DESIGN ●

各種フライヤー等の作成を承ります。
納期は内容にもよりますが概ね1週間~。
大まかなイメージや内容を頂けると納期の短縮につながります。
また、手書きのイラスト等のベクターデータ作成も承ります。
TEEシャツ等を作りたいときにベクターデータでの入稿が経費削減や納期短縮につながることもあります。
尚、下記事項をご注意ください。
  • 作成はillustrator CS5によるaiデータで行います。
  • 作成中のやり取りはメールにて行います。
  • フライヤー作成の際に写真を使う場合は原則的にご用意頂きます。こちらで用意する場合は実費でご負担いただく場合があります。
  • 著作権や肖像権等権利関係については十分にご注意ください。当方では一切の責任を負いません。
  • フライヤー等の印刷をする場合は「プリントパック」等の印刷会社にてご依頼ください。
  • データの納品はオンラインストレージにて行います。CD-R等のメディアでの納品はお受けできません。
  • データ作成費用の目安:カラーフライヤー3,000円~、ベクターデータおこし2,000円~、イラスト作成応相談
  • お支払いはデータ納品後1週間以内にお振込みでお願い致します。

ご依頼・ご不明な点はお問合せ下さい。




▲Back to TOP



CONTACT


各種問合せ等は、必要事項をご入力いただき、送信ボタンを押してください。
内容を確認し、折り返しご連絡させていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

▲Back to TOP